CERAMIC LABは気取らず飾らない、無骨さと繊細さが魅力のシリーズです。
伝統を継いできた陶工と手を携え、現代の暮らしにあった「新たな日本の器」を追求しました。
土や釉薬の配合、湿度や温度の変化など先人の知恵を継承しながら、幾度となく研究を重ねて見出した風合いとフォルムです。
素朴な土の質感や落ち着いた色合いは、生活空間に温かみを添えます。
人気の高い波佐見焼です。
素地の砂岩土は、天草半島で採掘された天草陶石に砂や岩を砕いたものを混ぜた、この地独特のものです。陶器のような素朴で有機的な肌触りとマットな質感がありながら、波佐見焼ならではの高温焼成でしっかりと焼き締められています。
砂岩土に含まれた鉄分などの成分が釉薬に作用し、味わい深い表情が生まれています。
硬質な磁土を生かし、切り出した石のようなすっきりしたエッジが印象的なCLK-151シリーズ。
素朴な土のあたたかみ、釉薬の落ち着いた色合いは、生活空間に静かな存在感をもたらします。

Event・Symposium

イベント・シンポジウム

子供から大人まで楽しめるイベント情報のご案内